Willowbank Zoo


スポンサードリンク

Annaのブログ

ウイロウバンク動物園に行きました。

Annaのブログ

ここは家畜として連れてこられた動物たちを観察できる場所。

Annaのブログ

Annaのブログ

広くて雰囲気もとってもいいです。

Annaのブログ

Ostrich(ダチョウ)

Annaのブログ

Wallaby(ワラビー:小形のカンガルー)が通り道に。

Annaのブログ

ズームしてなくてこの距離!お腹には子供が^^

Annaのブログ

Monkey(猿)

Annaのブログ

Annaのブログ

Turtle(カメ)が通せんぼしてます。

Annaのブログ

Kunekune Pig(クネクネピッグ)

Annaのブログ

ニュージーランドの先住民、マオリ族が発見した豚さん。

‘クネクネ’とはマオリ語で「丸く太った」という意味です。

Annaのブログ

Chiken(にわとり)

Annaのブログ

Clydesdale(馬の一種。荷馬車用)

Annaのブログ

Llama(ラマ) 南米で飼育されるラクダ科の動物。

表情が・・・なんとも言えない。

Annaのブログ

Goat(ヤギ) ・・・

Annaのブログ

Donkey(ロバ)

この子の目が・・・かわいすぎ!!

みなさん表情がいいですね。

Annaのブログ

Annaのブログ

ここは先住民、マオリ族の村を再現したもの。

Annaのブログ

Annaのブログ

たくさんの鳥たちが迎えてくれます。

Annaのブログ

キーウィと同じく羽根が劣化して飛べない鳥、タカヘ。

ニュージーランドのみに生息する鳥で、絶滅の危機に瀕しているそう。

Annaのブログ

トゥアタラ。 (見えるかしら??真ん中あたり。木の下にいます)

2億2千万年以上もその姿を変えていないと言われる。

Annaのブログ

キーウィハウス。

夜行性のため室内は真っ暗でしかも静か。

でもどうしてもキーウィが見つけられず、職員さんに「キーウィ見れなかったよーこれ観なきゃ帰れないっ」とお願いしたら

わざわざ戻って見せてくれました!本物のキーウィをみて感動!走るの早い!

Annaのブログ

絶滅した動物や鳥たちの模型。もちろんモア(ニュージーランドに生息していた大きな鳥)の模型も。

Annaのブログ

いろんな動物が間近でみれるしニュージーランド特有の動物にも会えるし、なんといっても雰囲気がいいこの動物園、お勧めです足あと